研究情報
Research information

研究情報

2024.04.30 海水の利用
中国政府規制下における海水淡水化の参入障壁と三者進化ゲーム解析
Entry barriers and tripartite evolutionary game analysis of seawater desalination under the government regulation in China
海水淡水化は、陸水資源の不足を補い、海水資源の効率的な利用を促進するための重要な方法であり、新しい有望な海洋産業である。現在、世界の海水淡水化産業は急速に発展している。中国の新しい発展計画では、海水淡水化産業の大規模な発展も重要な戦略目標である。しかし、海水淡水化産業の技術開発と比較すると、その市場化はさまざまな要因の影響を受けており、その開発レベルはまだ比較的低い。そこで、本稿では、実際の業界データに基づいて、海水淡水化企業、水道企業、政府の三者進化ゲームモデルを構築し、中国における海水淡水化の参入障壁をいくつか特定する。(1)海水淡水化事業で中国市場に参入するための政府の監督限度は1日あたり40万トン以下、海水淡水化事業全体の約13.8%である。(2)海水淡水化の参入費用は1日1000万元以下で、5年間で約18兆2500億元に相当する。最後に、(3)海水淡水化が行われるためには政治的な関係性は少なくとも2.0であり、それが本格的に発展するためには3.0であるべきである。また、国有水道会社と外資系水道会社の分断についても論じ、政府補助金は外資系企業が賃料を求めて初めて効果を発揮することを明らかにした。調査結果に基づき、トップレベルの計画、淡水化インフラの整備、補助金政策の実施、市民参加など、適切な政策提言を提案する。これらの勧告は、海水淡水化部門の育成における中国政府の支援を目的としている。Copyright © 2023 Chen, Xu and Wang. Creative Commons Attribution License.
Chen Mingbao, et al.
Frontiers in Marine Science (Web), 2023; 10: 1309515
DOI 10.3389/fmars.2023.1309515